できること

京丹波町在住のデジタル屋さんとしてできること!

毎日活用!便利なシステムの開発

システム開発は店頭に並んでいる品物のように、そのモノ自体の形が存在しない品物です。
なので、構築の際にはまだ存在しない品物に対して先に投資をしていただくことになります。
きっと、ご依頼いただく際には、完成するまでは不安で一杯だろうな?と感じています。

でも、形のない商品ですので、実際にはどうすることもできないのですが、いつも打ち合わせの際に、こちらからご提案していることは、よくわからないままただ漠然と導入するのではなく、今現在行っている業務の一部を精査し、簡略化することで自動化できることが沢山あります。
そんなちょっとしたことから始めてみてはいかがでしょうか?とお伝えしています。

一番に思うことは、便利な機能をいっぱい備えた既存のシステムを、必要な部分だけ無理矢理業務に置き換え使いこなす!そんなイメージかもしれませんが、歩知歩楽が考えるシステムは便利かつ楽にならなければ意味がないと考えております。
必要に感じたところからちょっとずつ、便利なシステムを構築する!そんな感じで一緒に取り組んでいただければ最適なシステムを構築することが可能になります。

あとで拡張できるか?できないかは?依頼されるエンジニアのスキル次第です・・・笑

見れば!感じる!写真&イラスト

見たものを良いか悪いかを判断する要素として、80%以上が視覚から得た情報(見た目)が基準になっていると言われています。そしてあと残りの20%は自らの経験や実体験と照らし合わせて、判断していると言われています。

と言うことは、たとえそれが実証制のない情報であったとしても、意図的に作り上げられた視覚であったとしても、見た目から得た情報がもっとも重視されるとも言えます。

例えば、高級車に乗っている人 = お金持ち、笑顔が素敵な人 = いい人・・・など、またその反対も同じだと言えます。
それが全てだとは信じたくないですが、情報が少なくなればなるほど、与える影響は強くなるのかもしれません。

視覚的効果の高い写真やイラスト・動画などの要素はとても重要であり、そのイメージが与える印象は、企業や人、店舗や商品、そのものを表すツールとしては、扱いやすいものだと言っても過言ではないのではないでしょうか?

いつも身近にありすぎて気づかない事やどうしても知ってほしいことをちゃんと理解してもらえる表現のひとつとして、写真やイラストを有効活用することはデジタル媒体をツールとして利用する場合には必須と言えます。
そして、その与えたい思いにより近いイメージを形にすることが可能となれば、ゴチャゴチャと長い文章を載せることなく簡潔に伝えることが可能となり、それはきっと素敵なデザインに仕上がっていることでしょう。

理解してもらうのではなく、視覚的効果を活用し、さり気なく、ちゃんと伝えることができるアイテムのご提供を心かげています。

思いを届ける!紙ものデザイン

人と人とがふれあう時、目に見えない何かを直接伝えるチャンスが生まれます。
人柄、温もり、雰囲気、厚意など・・・そして、そのタイミングを最大限に後押しをしてくれるのが紙媒体(印刷物)です。
押しつけるのでなく、もらった時にさり気なく、でも、確実に・・・
きっと誰もが求める理想のカタチ!なのではないでしょうか?

名刺は名前と顔を覚えていただくもの、インパクトと一緒にその人柄と雰囲気を表現できるものが必要です。
チラシは、知ってもらいたいこと、伝えたいことを簡潔に解りやすく伝えるです。
パンフレットは、そのモノへの思いと空気感を表現することで信頼と安心を与えてくれます。

それぞれの紙媒体が、それぞれに存在する意味や意義を備えています。
そして、それらを最大限に活用することで想像以上の効果をもたらします。

皆さまにとっての『はじめまして』から『ありがとうございます』までの思いをデザインとして紙媒体を活用してお伝えするお手伝いをさせていただきます。

必要であればホームページの作成

スマートフォンやタブレット、便利なものが沢山、今ではすっかり生活の一部となり出会いや発見、全く新しい結びつきがSNSやホームページという媒体で育まれています。

でも、活用しているという観点から見るとどうでしょう?
よくわからない・・・
作るには作ったしホームページはあるよ・・・
知り合いが作ってくれるから・・・etc

そこに存在するだけのSNSやホームページであるならば、何かを求めても達成できる訳がありません。
むしろ運営するランニングコストだけが余計な経費として無駄になるだけです。

そして、それはSNSやホームページを見た方にも必ず伝わってしまっています。
ビジネス上の分身であるのであれば『存在すれば何でもいい』なんてことを公然と公表してしまっているのかもしれません。

そんなマイナスのイメージを与えてしまっているSNSやホームページならない方がマシです。

ただあるだけのハリボテのSNSやホームページか?
ドキュメント番組の様に、携わる人やモノの温かさが感じれるSNSやホームページか?
ビジネスに必要なのかは、どちらなのかは一目瞭然です。